盗聴発見器は盗聴器の発見に必要

盗聴発見器は、盗聴器を発見するために使う物で、電波がどこから発信されているのか調べる為の機械です。

YOMIURI ONLINE情報選びに特化したポータルサイトです。

盗聴器はどこに仕掛けられているのか解らないようになっています。
目の届く範囲に仕掛けられている場合と、機械や物の中に仕掛けられている事があり、見た目では全く分からない状態になっているのです。

しかし家の中の行動する範囲内であれば、どこにでも仕掛けられるので、生活音がすべて盗み聞きされてしまっているのです。普通の生活音だけなら、まだましですが、夜の生活音もしっかりと聞かれており、そのままにしておくとプライバシーがすべて筒抜けになってしまうのです。

盗聴発見器は、そういった仕掛けられている盗聴器を発見するための機械で、電波を発信している所に反応する機械なのです。

普段電波が出ていない、所から発信されていれば、その場所に仕掛けられているという事になるのです。
見つけた場合にはすぐに取り外せば電波の発信が無くなり、盗聴される事も無くなります。



探すには、家の中のすべてを細かく調べて行く必要がありますが、電波の発信されていない所では、盗聴発見器は作動しないので、部屋ごとに行い、電波が発信されていないか確かめて行くのです。
もし盗聴発見器が作動すれば、その部屋を中心として、一番強く発信されている所を突き止めて行くのです。そうすれば盗聴器を発見できるのです。



良くつけられている物に、コンセントや、電話機、ぬいぐるみ、などがありますが、どこにでも簡単に仕掛けられるという事を頭にいつも入れておく必要があるのです。