盗聴発見器とはどのようなものか

盗聴器は部屋や会社などに無断で取り付けられ、会話や音声を盗み聞かれる機器の事です。

ジョルダンニュース!の評判が高いです。

電話機や電話回線などに取り付けられる場合がありますが、主に片方向の無線発信機、送信機の事を言います。
よって殆どの盗聴器の場合、電波が発信されますので、これを受信や復調できるタイプのものが、盗聴発見器ということになります。

これ以外にも広帯域無線受信機などを用いると盗聴発見器として利用ができます。

ワイドバンドレシーバとして販売されていますので、盗聴発見器の専門業者に依頼する前に自分で購入して調べることができます。



盗聴発見器の専用機器は安価なものから高価なものまで幅広くあります。

防犯グッズに対して関心度が高まっています。

安価なものは盗聴器が使っている周波数帯域の電界強度を図り、指針メータを振らせて、受信される電波の強さを頼りに発信源を特定する方法であったり、広帯域受信機と電界強度計を組み合わせたもので発、信源を特定し、音声やトーン信号を発しながら受信スピーカをならし、仕掛けられている盗聴器の送信部マイクとハウリングさせる方法で見つけ出す方法です。

高価なものは無線機器の測定器で、すべての周波数帯域をスキャンするスペクトラムアナライザーというものがあり、アンテナで受信感度を調整しながら、特定の部屋に仕掛けられる盗聴器の発する電波を受信して、送出されている電波の強さや周波数を専用の画面にグラフ表示で映し出すので一目瞭然で、盗聴器を発見することができます。