盗聴発見器の使用方法

category01

盗聴器を見つける為に盗聴発見器が必要になりますが、一般的には2種類あります。

電波自体を見つけ出す物と、電波の音声を聞ける物があるのです。

どちらも盗聴器の発信している電波の発生場所を突き止められるのです。

共同通信社に関する情報が満載のサイトです。

電波自体を見つけ出す物の使い方は、仕掛けられているかもしれないと思われる所で使用すると、電波の強さにより、メーターが反応する物で、近ければ近いほど、メーターが上がって行くのです。音付の物もありますが、その場合には、メーターと一緒に音の高さが、高くなって行くのです。



低い音の場合には、まだ遠い事を表し、音が高くなってきたら近いという事になるので、一番高くなったところに盗聴器が仕掛けられているという事になります。
しかし、電波を発信している物にはすべて反応してしまうので、テレビや携帯でもなってしまうという特徴があるのです。

電子レンジなども同じで盗聴器が無くても、高反応を示してしまうのです。

盗聴発見器に関するマニアックな情報をお届けします。

それにくらべて盗聴発見器の音声の受信タイプは、電波では無く、音声自体が効けるのです。
盗聴波もたくさんありますが、機械に前もって記憶させておく事で、盗聴音声だけを受信できるようになるのです。

自分の喋っている言葉がそのままスピーカーから流れるので、声が大きくなれば使いという事になります。
また音声受信タイプの特徴で、近くなればなるほど、ハウリングを起こすのです。マイクをスピーカーに近づけるのと同じ原理で、盗聴器がマイク、盗聴発見器がスピーカーの役割をしてくれるので、ハウリングの音が大きくなればそこに仕掛けられているという事になり発見できるのです。

知っておきたい情報

category02

盗聴器はプライバシーをすべて盗み聞きされてしまう、とても怖いもので、出来るだけ早く外さないと、ずっと生活音が、効かれてしまうのです。個人の家に付けられてしまう場合と、会社やオフィスに取り付けられてしまう事があります。...

subpage

売買のコツ

category02

盗聴されているかもと、思った事がある人も多数いますが、実際に個人の家や会社やオフィスなど色々な所に実際に仕掛けられているのです。個人の家の場合には、急にいたずら電話が増えたや、待ち伏せされているなどなど、ストーカー行為による物も中にはあるのです。...

subpage

注目情報

category03

盗聴発見器は、盗聴器を発見するために使う物で、電波がどこから発信されているのか調べる為の機械です。盗聴器はどこに仕掛けられているのか解らないようになっています。...

subpage

おすすめ情報

category04

盗聴器は部屋や会社などに無断で取り付けられ、会話や音声を盗み聞かれる機器の事です。電話機や電話回線などに取り付けられる場合がありますが、主に片方向の無線発信機、送信機の事を言います。...

subpage